ブログを始める

最新ニュース

【旬の人】支援の気持ちを届けたい 小畑祥子さん

2014年02月09日

子どもたちと一緒に楽しみながら支援の気持ちを届けたい


NPO法人ガーネットみやぎ 大阪支部
小畑祥子さん

東日本大震災時、宮城県仙台市にて被災。その後吹田市民となり、被災者による被災者のための復興をテーマに吹田市とみやぎを繋ぐ支援に取り組んでいる。2児の母。

東日本大震災からまもなく3年。今なお大きな傷跡を残す被災地の復興に向けて、全国各地で支援活動が行われている。現在、吹田市に住む小畑さんもその一人。震災当時、仙台市で被災した小畑さんは、一時、実家のある大阪に避難したものの「遠くからでも出来ることはないか」と、宮城県に発足したばかりの支援団体『ガーネットみやぎ』でボランティアを開始。半年後には仙台に戻り現地での活動を続け、大阪転勤が決まった2013年からは『復興支援すいた市民会議』と協力しながらさまざまな取り組みを行っている。 そんな小畑さんが、子育て中のママ向けイベントを実施してきたママとキッズのイベントプロジェクトと力を合わせ、2月11日にチャリティーイベントを開催する。東北復興支援ブースや、ママと子どもが楽しめる催しをはじめ、子育て世代の防災など役立つ情報を発信すると同時に、吹田市へ避難して来られた家庭にもお知らせし、地域との交流の場を提供。「みなさんと楽しい時間を共有しながら、支援の輪を広げたい」と小畑さん。ぜひ、家族やママ友と一緒に気軽にご参加を。


  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)オススメ

【旬の人】堀田 美幸さん

2014年01月30日


堀田 美幸さん
詩人・野呂昶(のろ さかん)氏が主宰する詩誌「ポエムの森」同人。子育てが一段落したのを機に保育士資格を取得、10年間保育園に勤務。日本画歴7年、高槻市美術展覧会では市長賞を受賞。広島県呉市出身、高槻市在住。
旬の人

60代半ばで出合った詩の世界を初めての詩集「空色のおんぷ」に

秋空に飛び交う赤とんぼに音符を見つけ、八百屋のキャベツが笑う姿を楽しむ。そんな感性を持っていたなら、どれほど豊かに過ごせるだろう。大切にしているのは師事する野呂昶さんの教え、「心の目で見て、心の耳で聴く」こと。「詩を詠むようになり、モノの見方が変わりました。例えば、花を見るでしょう?
どうしてここに咲いているの、何を考えているのと、花の立場になってモノを見、感じるようになりました」。初めての詩集「空色のおんぷ」は、子供たちに自然へ目を向けて心豊かに過ごして欲しいと編まれ、表紙絵や装挿画も堀田さんの作品。吟味しながらも飾らず平易な言葉で紡いだ詩に、季節を描いた日本画が寄り添う。
幼い頃は体が弱く、一人で空を見上げ風に触れ、空想の世界を楽しむ時間が多かったという。作品には主婦や保育士の経験や視点が織り込まれている中に、「時折、豊かな自然に囲まれていた幼い頃の私も顔を出します」と堀田さん。詩集の最後にある作品、「おねえちゃん」は、堀田さんを温かく見守り包んでくれた、母親代わりの姉へ捧げる愛そのもの。

  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)オススメ

今年こそ革製品を蘇らせたい

2014年01月22日

【吹田】

革工房 アトリエ





リピーターが絶えない靴・バッグ修理の専門家

「もうダメかと思った革アイテムが新品みたいにキレイになった!」といった声が多数の同店。靴やバッグのエキスパートとしてメーカーや百貨店からも依頼があるほどの技術力とあって、昨年秋のオープン以来リピーターが続出。明るい職人スタッフが笑顔で迎えてくれるから、修理・クリーニング・カラーなど何でも相談してみて。  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)オススメ

【旬の人】COPDをもっと知ってほしい辻 文生先生

2013年12月29日

【旬の人】
COPD(慢性閉塞性肺疾患)を
もっと多くの人に知ってもらいたい


辻 文生先生

市立吹田市民病院呼吸器・アレルギー内科部長。
SRCTを立ち上げ、予防医療・地域医療に加え、更なる広がりをもたせるためにチーム医療を実践している。


市立吹田市民病院の呼吸器・アレルギー内科部長の辻先生。11月3日に万博公園で行われたCOPD啓発イベントの中心人物だ。5回目となる今回は肺年齢測定人数の世界記録にも挑戦し、見事1029名という新記録を達成した。

そんな辻先生が同院に来たのは5年前。それまでは、10数年に渡って大学勤務医としていたが、臨床において無力な場面に遭遇するたび何か別の道はないかと模索し、「予防医療」「チーム医療」「地域医療」に辿り着いたという。「予防医療は医療の入り口なんです。そこで予防を啓蒙できれば病気を防げる可能性があります」と辻先生。その実践に向け同院での診療を開始してほどなく、吹田呼吸ケアチーム(SRCT)を発足。

SRCTは医師、看護師、薬剤師、栄養士など多岐に渡る職種で構成され、患者の治療・ケアだけでなく、教育・指導などにも力を入れている。その市民向けへの活動の一つとしてCOPDイベントを開催。「今回の世界記録挑戦は話題性を狙っただけです。
きっかけはなんでも良いのでとにかくCOPDという病気を知ってもらいたい。」と辻先生は話してくれた。今後の活動にも期待したい。



世界記録を達成した時にSRCTのメンバーと外部スタッフと撮影した写真
  






Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)オススメ

2014年成人式特集【アミュ】

2013年12月27日

【吹田】

こども写真館 フォトスタジオ・アミュ


一度きりの思い出をプロの撮影で成人式&七五三のキャンペーン開催



思い出の写真を美しく残したいなら同店へ。12/2から「成人式前撮り&七五三後撮りキャンペーン」を開催するのでお得に撮影できる。衣装はスタジオに多彩な振袖が用意されているほか、持ち込みもOK。もちろん成人式当日の撮影予約も受付中。当日は撮影のみで着付け・ヘアメイクはなし。詳細はWEBへ!  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)オススメ