ブログを始める

最新ニュース

ガンバ通信 11月号 レアンドロ選手

2012年10月31日

2009年にガンバ大阪で活躍し、その後カタールリーグに完全移籍。今年6月、古巣の窮地を救うべく、期限付き移籍として復帰したレアンドロ選手!8月25日のコンサドーレ札幌戦ではハットトリックを達成するなど、次々とゴールを決めるストライカーの素顔に迫ります!

  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 15:28Comments(0)スポーツ

ヴィッセル通信 田代有三選手

2012年10月31日

11 田代有三選手[FW]



今シーズンから新たにヴィッセルに加入した田代選手。
神戸での暮らしや、家族のことなど話していると、パパとして、旦那さまとして、人として、どんどん素敵な人柄が伝わってくる選手でした。



  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 12:30Comments(0)スポーツ

阪神間の深まる「秋」を愉しむ

2012年10月30日

心地良い秋風が吹き、木々の葉もキレイに色づいたこの季節を存分に愉しむために、
お出かけしてみませんか?
自然あふれる公園で紅葉を愛でたり、テニスなどのスポーツを愉しんだり、
秋ならではの旬の素材を生かした料理を味わったり…。
日ごとに深まる阪神間の「秋」が、ここにあります。  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:33Comments(0)グルメ

【シティライフインタビュー】 ロザン 菅 広文さん

2012年10月30日

11月公演で第8回目を迎える「吉本百年物語」。
今も尚、現役で大活躍中の笑福亭仁鶴と
三枝改メ六代桂文枝の若き日を描く今作で主演を務めるのがロザンの菅広文さんだ。
漫才をはじめさまざまなTV番組でも素敵な笑顔を届けてくれる菅さん。
主演、舞台、共に初挑戦となる本公演でどんな“新しい顔”を見せてくれるだろうか。



何もかもが初挑戦ですが持ち前の笑顔で僕らしく臨みたい

若き日の落語界のスターとそれを支える家族との物語

―11月公演『深夜のキラ星〜スター誕生〜』の内容と見所をお聞かせください

今回の物語の舞台は昭和41年。笑福亭仁鶴師匠と後の六代桂文枝こと河村静也青年が、スター芸人に駆け上がっていくまでの若き日の挑戦と、それを支える家族と
の愛情が描かれています。仁鶴師匠の苦労の時代を支えた奥様の隆子さん。一方、母一人子一人で育った当時大学4年生の河村青年を見守る母・治子さん。
このふたつの家族の愛情が、大きな見所のひとつになってきます。
そして、僕自身台本を読んで驚いたのが、ラジオ放送にまつわる誕生秘話。物語では仁鶴師匠が深夜ラジオのレギュラー出演のチャンスを掴み、そこから時代の寵児
となっていくわけですが、「今のラジオの仕組みはここから生まれたんや!」と、ある謎が解けるはず。その点も、ぜひ観ていただきたいところですね。
偉大な先輩を演じるのは本当に恐縮な気持ちでいっぱいです。僭越ですけど、できるだけ仁鶴師匠に近づけるよう頑張っていきたいと思っています。


偉大なる先輩を演じるプレッシャーを振り切って

―舞台初挑戦とのことですが、今のお気持ちと今後の取り組みについてお聞かせください。

この話をいただいた時は「なぜ僕なんだ?」と。正直、モノマネをしているモンスターエンジンの大林がやると思ったんですけど(笑)。
仁鶴師匠は吉本を創りあげた一人と言っても過言ではない方ですし、現役でご活躍されている方。しかも落語家を演じるという大きなプレッシャーを感じますね。
所作というか言葉ひとつとっても漫才とは違いますから、ひとつひとつ勉強していきたいと思っています。

仁鶴師匠とは、今回の公演のことでまだ直接お話ししていないんですが、実は昔ゴルフクラブをいただいたことがあるんです。
巨人師匠が「菅、ゴルフやるんやったら仁鶴師匠も左利きやから、もらってきてやるわ」と僕にくださったんですが、見たらグリップにローマ字
で”NIKAKU“って書いてあって…。今作ではラジオの話も出るので、できれば当時の音も聞いてみたいですね。台本だけでは「ここはどういう口調で言うんやろ」とかピンとこないので。
とにかく偉大な先輩で、あまりにも恐縮すぎて逆に割り切ってできるかなぁとも思っています。失敗したらどうしようとか考えずに、とにかく全力で臨みます。


それぞれの活動が漫才コンビ・ロザンの力に

―大阪・法善寺での制作発表会見では、相方の宇治原さんが司会を務めておられましたね

めずらしく緊張してましたね(笑)。何故かお互いの仕事って自分の仕事より緊張して、僕も宇治原と一緒に出るクイズ番組で緊張しますよ。
でも、今回の僕の舞台出演もそうですが、それぞれの活動がロザンの活動に活かさればいいなと…。
本作で演じる落語やラジオの世界も、漫才師として勉強になるところが多いですし、芸人としての幅が広がるんじゃないかと思います。
現在は東京を拠点に活動させていただいてますが、『よ〜いドン!』(関西テレビ)の『発見!関西ワーカー』では、吹田や箕面などの北摂エリアにロケで行かせてもらっています。本当、この地域あってのロザンというか(笑)。読者の皆さんにも、ぜひ本公演をご覧になっていただきたいですね。最近ではTV番組のイメージが強いロザンですが、吉本
のありがたいところは漫才の舞台も多いこと。そちらの方にも、ぜひ足を運んでみてください。


【Profile】
●すが・ひろふみ 1976年10月29日生まれ、大阪府高石市出身。A型。吉本興業東京本部所属。大阪教育大学付属高等学校天王寺校舎在学中に、同級生であった宇治原史規を芸人の道へと誘う。
1996年8月にロザン結成。デビュー当時は京都大学と大阪府立大学の現役学生であったことから、「高学歴コンビ」として知られる。
現在は舞台、ライブ、クイズ番組回答者、情報・教養番組等のコメンテーター、司会等のテレビ・ラジオ出演など、多方面で活躍中。


〈取材を終えて〉
 制作記者会見では、今回演じる落語家らしく羽織・着物スタイルで登場した菅さん。
「普段は全然着ないですよ」とのでしたが、なかなかの男っぷり。舞台ではどんな仁鶴師匠を見せてくれるのか、必見です!





  






Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 08:30Comments(0)シティライフインタビュー

【Monthly Push Up!】劇団 ヨーロッパきかく

2012年10月29日

Monthly Push Up!
いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!

バカだけど、可愛くて面白い
ならず者たちの漂流コメディです

ヨーロッパ企画さん

劇団 ヨーロッパきかく(写真上左より石田さん、諏訪さん。下左より加藤さん、望月さん。)



「この世に『表』っぽい場所とか時間があるとして、そこから落ちこぼれた『裏』っぽい時空を漂流する人たちの、スイートなひとときを描けたら」とは、本作「月とスイートスポット」の作・演出を手がける上田誠さんの言葉。今回のコンセプトは、〝漂流コメディ〞。
第30回本公演「ロベルトの操縦」の〝移動コメディ〞に続き、ひとつの仕掛けを真ん中に物語りが繰り広げられていくという、独自の世界観が観客の心を舞台へと引き
込んでいく。
登場するのは、街の裏側をさまようチンピラや不良、ならず者たち。そんな彼らが身を寄せ合う甘やかな場所スイートスポットに、時空間のねじれという仕掛けが物語を展開させていく…何とも興味深い舞台になりそうだ。
稽古はまだ始まったばかりで「今はそれぞれの〝チンピラ具合〞を探っているところ」と、ヨーロッパ企画のメンバー石田さんと諏訪さん。
テーマに対してメンバー全員がアイデアを出し合い、それから脚本を練り上げていく――まさにひとつの世界をみんなで創り上げていくのが同劇団のスタイルだとか。客演の加藤さん、望月さんも、毎日増えていくアイデアに、「どんな世界が出来上がるか楽しみなところ」と話す。高架下やビルの隙間、街の裏側というシチュエーションに

〝漂流〞というテーマがどう描かれるのか、「物語が進む中で、仕掛けが発動する瞬間を観て欲しい」。自由で楽しいアイデアがいっぱいに詰まった彼
らの挑戦を、ぜひ劇場で楽しんでみて。


【Profile】
●石田剛太
99年、第2回公演よりヨーロッパ企画に参加。
以降全作品に出演。「アグレッシブですけど、何か」(広島ホームテレビ)にレギュラー出演。

●諏訪 雅
98年、上田・永野を誘ってヨーロッパ企画を旗揚げ。以降、全作品に出演。外部舞台出演のほか、ドラマ・CMなどの出演も多数。

●加藤 啓(拙者ムニエル/モッカモッカ)
拙者ムニエルの看板俳優として旗揚げより参加。二枚目ルックスとは裏腹なコミカルな演技で観客を魅了する。

●望月綾乃(ロロ)
劇団ロロに参加。以降、主宰・三浦直之が紡ぐ“ボーイミーツガール”のストーリーの中心的存在として活躍。


ヨーロッパ企画第31回公演 「 月とスイートスポット」



■日時:12月21日(金)~12月23日(日) 全4回公演 ※公演スケジュールは下記HPを参照

■場所:イオン化粧品 シアターBRAVA!(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」1号出口
すぐ、JR環状線「大阪城公園」から徒歩5分、JR環状線・東西線「京橋」から徒歩10分)

■作・演出:上田誠 美術:長田佳代子 舞台監督:筒井昭善×大鹿展明 他

■出演:石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、
永野宗典、西村直子、本多力(以上すべてヨーロッパ企画)、望月綾乃(ロロ)、加藤啓(拙者ムニエル/モッカモッカ)

■チケット料金/前売券:4,000円 当日券:4,500円 
 学生シート(前売のみ)3,500円(全席指定・税込)

■各プレイガイド・劇場プレイガイドにてチケット販売中

■公演に関するお問合せ:イオン化粧品 シアターBRAVA! 
 TEL.06-6946-2260
URL:http://theaterbrava.com/ 

  






Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 19:16Comments(0)Monthly Push Up!