ブログを始める

最新ニュース

【西宮】自主性がどんどん育つ

2014年02月25日

【西宮】2歳半〜就学前児童教室

モンテッソーリ教育 さち・子どもの家



一貫したモンテッソーリ教育で自主性がどんどん育つ環境を

平成26年度 4月新入園児募集中。モンテッソーリ教育を提唱している数少ない教室。満員になってしまうこともあるので、早めに是非体験会へ!

来ない事を手助けするのではなく「自分で出来る」ように教育。日常生活の自立から言語・算数・文化など幅広い分野の興味のあることを主体的に学び、「自分で課題を見つける」といった自立心を伸ばす。異年齢混合クラス(2歳半~就学前)なので協調性も豊かに。年下の子は上の子に追いつこうと頑張り、年上の子は下の子を思いやり互いに学び合えるという。「発語のスピードが速い」「考える力がついた」という声が多数。要予約で体験レッスンも可能。是非1度体感してみて!  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)くらし・子育て

【プレゼント有】うららかな一日を満喫♪ 春のおでかけスポット

2014年02月24日



お得なチケットが当たります!
関西サイクルスポーツセンター 入場招待券 ペア5組10名様

(有効期限 : 2014年8月末まで)
ページ下のフォームより応募できます。
応募締切り…3月15日まで


多彩な自転車たちを乗りまわそう


関西サイクルスポーツセンター



約1万㎡の敷地に、変わり種自転車がなんと約600台!二人乗り自転車やユニークなフォルムのものなど、まちなかで乗ることができないオモシロ自転車にまたがり遊ぶことができる。他にも本格的なロードバイクのサイクリングコースや、専用コースを滑り降りる「サイクルリュージュ」に、ペダルをこいで地上30mまで上昇し一気に降下する「サイクルパラシュート」などのアトラクションもおすすめ。  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 19:49Comments(0)おでかけプレゼント

グリマム【自分の身は自分で守る意識を!】

2014年02月24日

防災意識を高めよう!
自分の身は自分で守る意識を!



東日本大震災からもうすぐ3年。「防災」の備えをと思いつつも、何から始めれば…というママも多いはず。まずは子どもと「自分を守るレッスン」を始めてみては?料理研究家の坂本先生に教えてもらいました。


この方にお話を伺いました

食育・料理研究家
農林水産技術会議委員

坂本廣子先生
幼児期からの五感で学ぶ体感食育「キッズ・キッチン」を実践している食育・料理研究家。阪神・淡路大震災被災後、その体験をもとに「子どもの生きる力を育む防災」を提唱している。

子どもの守り方、正しいですか?
 「子どもを守る」というとき、日本では「危険なものを遠ざける」という発想が多い気がします。「火は危ないからライターやマッチは隠す。包丁も危ないから使わせない」。
 でも、はたしてそれが本当に子どもを守ることにつながるのでしょうか。外国では「からだに火がついたら、まず自分で消しなさい。どうしたら消えるか教えましょう」となります。わたしが『キッズ・キッチン』で小さな子どもたちにも包丁の使い方を教えてきたのと同じです。 危険を遠ざけ、いざというとき逃げ惑う子どもにするのではなく、どんなときも自分で対応できる方法を大人は教えておきたいと思います。

毎日の生活の中で被災後の備えも
今回出版した『子どもと一緒に防災の本』では、子どもたちが日々の生活のなかで簡単にできる「防災あそび」を紹介しています。あそびの中に、頭を守ること、急いで隠れること、大声を出すことなどを自然に取り入れる。しがみつく力、高台に逃げる力などを育んでいく。結局、そういったからだづくりや備える気持ちが、「いざというとき」を乗り越える力になるのではないかと思います。
 また、被災後の備えも大切です。水運びの重要性、家以外で寝ることや、水を使えない状況での食事、トイレなども普段から楽しんで心構えをしておくことで気持ちに余裕が出る気がします。
 そのほか賞味期限が切れる前に備蓄品を使って毎日のおやつや献立を子どもと作れば、被災食にも慣れ、防災意識もアップと一石二鳥です。
 とにかく、大人が気軽に防災意識を持つことが何より大切。そのための「ちょこっと防災」、ぜひ始めてください。  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)くらし・子育て

特集3 だしツッコミ!会議

2014年02月22日

シティライフ特別企画

だしッコミ!会議

特集3

おいしーい!だしツッコミ!
焼きうどん調理実習 in 梅花女子大学


コナモン=粉モン【kona-mon】
意:たこ焼き、お好み焼き、うどんなど、さまざまな粉をベースに作られた食べ物の総称



ナビゲーター
日本コナモン協会 熊谷真菜会長
昨年12月21日梅花女子大学 茨木ガーデンキャンパスで
「だしツッコミ!会議 梅花女子大学」開催。
おいしそうな昆布つゆの香りに誘われて、調理実習におじゃましてきました。
食文化研究家。1993年、初の研究書『たこやき』でデビュー。2003年、日本コナモン協会を設立。コナモン文化はもちろん、日本食の基本であるだし文化の歴史を研究。代表作は『粉もん、庶民の食文化』(朝日新聞社)。

日本コナモン協会とは・・・
2013年、5月7日コナモンの日に10周年を迎え、各地をネット
ワークする文化団体。「コナモンは、だしが命!」をテーマに「だしツッコミ!」メニューを提案。

http:konamon.com

昨年12月21日梅花女子大学 茨木ガーデンキャンパスで
「だしツッコミ!会議 梅花女子大学」開催。
おいしそうな昆布つゆの香りに誘われて、調理実習におじゃましてきました。


同大学の講師でもある日本コナモン協会会長・熊谷さんとヤマサ醤油プレゼンツの会議には、全3回で計84名の年齢・性別様々な参加者が実習室に集まりました。特に「子どもと一緒に学べるめったにない機会だから」と家族での参加も多く、だし文化の歴史を親子で並んで聞く姿や、調理実習では慣れない菜ばしで具を返して「上手上手!」と褒めてもらう微笑ましい様子も。昆布だしのおいしさに “一生懸命作った気持ち”が加わっただしツッコミ!焼きうどんで、心もお腹もいっぱいになったようでした。

おどろくほどカンタン!だしツッコミ! 焼きうどんを作ろう

プレゼントされた「だしツッコミ!会議」オリジナルエプロンを着て、まずは熊谷さんのお手本。ポイントはヤマサ昆布つゆを2回に分けて効かせる「味の先だし」と「香りのあとだし」。上手に作れるかな?

挑戦レシピ



材料
●材料(1人前)
ゆでうどん(180g入り袋めん)・・・・・1袋
ショウガ(皮付きの千切り)・・3~5g
豚肉スライス・・・・・・・・・・20g
白ねぎ(ななめに3~5㎜スライス)・・30g
えび(一口大カット)・・・・・・・50g
小松菜(一口大カット)・・・・50g
油・・・・・小さじ1~2


●調味料
塩こしょう・・・・・・・適量
ヤマサ昆布つゆ
(味の先だし)・・・大さじ1
ヤマサ昆布つゆ
(香りのあとだし)・・・大さじ1
  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00Comments(0)グルメ

モニターツアー「ファミリーで体験!!高槻の魅力 日帰りバス紀行」

2014年02月21日

高槻市の魅力を体験

モニターツアー「ファミリーで体験!!
高槻の魅力 日帰りバス紀行」






【日 時】3/29(土)9時半~17時
【行 程】
高槻市役所前集合→高槻森林観光センター・高槻しいたけセンター→摂津峡・花の里温泉山水館で昼食・摂津峡桜公園散策または温泉入浴→いましろ 大王の杜(史跡今城塚古墳・今城塚古代歴史館)→高槻市役所前解散

【料 金】大人1,000円、小学生以下500円(昼食代)
(4歳から参加可・2名以上、1グループ5名まで)


※昼食代はモニターツアー当日にお支払いいただきます。
※キャンセル料(大人1,000円、小学生以下500円)が3月28日(金)12時より発生します。



【応募方法】 WEB申込みフォームにて応募

【定員】 40名

【応募期間】 3/14(金)まで

※当確通知は3月19日(水)までに申込フォーム記載のメールアドレス宛に送付します。
 当確者のみへの通知となりますので、予めご了承ください。
※定員を超える場合は抽選をし、発表は当選者への通知にて代えさせていただきます。


【応募条件】
高槻市外在住の家族で、ブログやツイッター、facebook等のSNSを利用しており、ツアー参加後にアンケートへご協力いただけること。


【旅行会社】 株式会社国際興業大阪(大阪府知事登録 旅行業第2-2266号)

【問い合わせ先】 
高槻市産業振興課
TEL:072-674-7411

受/8時45分~17時15分(土日祝を除く)

■注意事項
※モニター価格でのご参加は当確者ご本人とし、権利の譲渡や金品との引き換えはできません。
※モニターツアー当日、高槻市域において大雨・暴風等の気象警報の発令、天災が発生している場合、
 朝7時の時点をもって中止の判断をいたします。
 申込フォームに記載いただいた連絡先電話番号へご連絡いたします。





【施設概要:高槻森林観光センター】
高槻の樫田地区に位置し、平均標高330m前後の山間にはノスタルジックな里山風景と緑の山々が見られ、自然と気軽に付き合える人気スポット。凛とした静寂が包む樫田地区では、都会の喧騒を忘れ心身ともにリフレッシュできる、癒しの休日を楽しむことができます。

●高槻しいたけセンター
しいたけは国産のナラやクヌギの原木からの栄養分だけで栽培した、味わいたっぷりな安全・安心原木栽培。すくすくと育ったしいたけを、ハサミは使わず素手でもぎとります。しいたけはお土産にお持ち帰り!バター焼きやてんぷらなどなど、いろんな食べ方で美味しく召し上がれます。
※しいたけ狩りは一人200gまで。超過する場合は、参加者負担となります



高槻しいたけセンター代表 
渡邊さん


「原木の養分だけで育ったしいたけです。お好きなものをもぎ取っていただけます。皆様のご来店お待ちしております」



森の中のレジャースポット
施設内のレジャースポットもおすすめ!

山びこの森(遊具広場)
スギやヒノキの丸太で作られたトリデコンビネーションやシーソーなど、大阪府内産木材で作った様々な遊具を配置。
イチオシは、大自然の中を滑り降りる全長80m、高低差25mのジャンボローラー滑り台!ご家族みんなでお楽しみください。

喫茶店ウッディー
ログハウス様式で作られた喫茶店。温かなムードが特徴で、ペレットを用いる大きなストーブや情緒ある囲炉裏が迎えてくれます。遊び疲れたら一息入れてみるのも◎。

売店「森のもりもり館」・森の朝市
「森のもりもり館」には地場産品・木工品、木工キット、地場の卵や地元で取れた蜂蜜など、ここでしか手に入らない貴重な品ばかり。
「地産地消」をモットーに安全・安心で顔の見える野菜の販売を心がけ、すべての出品者の顔とプロフィールを掲示している「森の朝市」では、有機無農薬野菜を中心とした地元産や都市近郊栽培、浪速の伝統野菜、旬の山菜など、バラエティに富んだ新鮮な野菜を取り揃えています。


売店主任
畑さん


「地元産の旬の野菜を揃えてお待ちしております。しいたけ狩り、アスレチックの後にお立ち寄りください」


【施設概要:摂津峡公園】

※イメージ

大小さまざまな奇岩や切り立った断崖が続く北摂随一の景勝地。府の名勝に指定されており、「大阪みどりの百選」にも指定されています。
摂津峡公園内にある桜公園では、約800本の桜の木がお出迎え。モニターツアー当日はなんと「摂津峡桜まつり」の初日。情緒あるぼんぼりと共に、桜の花見も楽しめそう!
※桜の開花は、気象状況に左右されます


【施設概要:摂津峡・花の里温泉山水館】



※イメージ




摂津峡公園内に佇む料理自慢の温泉旅館。メディアにも多数取り上げられ、テレビ大阪特別番組 「どうしても入りたい! 関西の名湯・秘湯ベスト10」(2月22日放送)や読売テレビ かんさい情報ネットten.「年末年始の疲れを癒す!関西のイチオシ0泊2食プラン」(1月21日放送)で紹介されました。「花の里弁当」を渓流のせせらぎの音や、心癒される豊かな自然とともにお楽しみください。
※小学生以下の参加者にはお子様ランチをご提供いたします

 「大阪の秘湯」とも言われる山水館の温泉には、お肌の脂肪・分泌物を洗い流す効果に優れ、重層の濃度が温泉規格の2.5倍もある『ナトリウム‐炭酸水素塩泉』と、湯けむりと一緒に取り込むことで健康パワー増進効果がある『ラドン』を含むアルカリ単純泉の2種類の源泉が。保湿効果抜群、お肌つるつる・美人の湯として大人気です。また露店風呂からの眺めはまさに「森の中の温泉」そのもの。渓流の景色をお楽しみいただくのも風流。
※入浴する場合はタオル類を参加者にてご持参ください。山水館にてタオル(200円)、
バスタオル(600円)購入可

摂津峡・花の里温泉山水館専務取締役
長山さん


 「高槻は大阪・京都から電車で約15~25分、駅前はデパートやマンション群と都会の佇まい、そして駅から車・バスで15分で景色は一変し水と緑に囲まれた渓谷・摂津峡へ。山水館は名勝摂津峡で渓谷をバックに、露天風呂をしつらえ、まるで秘湯のような雰囲気を長年お客様にお楽しみいただいております。

温泉ですが別に散策できるような温泉街ではありません、お土産屋さんが立ち並ぶわけではありません、何もない一軒屋の旅館です。あるのは静かな川のせせらぎと渓谷を流れる空気と時間だけです。何もない魅力。お越しの皆様には、たとえば普段なかなか話せないような家族への気遣いの言葉や会話を、非日常の露天風呂でかわしていただけるのではと思います。たとえば当館のお料理を話題にして、普段とちょっと違った和やかな親子の語らいの場面。ご家族で絆を一層深めていただけるような時間を過ごしていただけると幸いです」


【施設概要:いましろ 大王の杜(史跡今城塚古墳、今城塚古代歴史館)】
 高槻市マスコットキャラクター「はにたん」がみんなをお出迎えするよ!

みんなと会えるの楽しみ楽しみ♪
一緒にたくさん写真とろうね!



●史跡今城塚古墳




淀川流域で最大級の前方後円墳。聖徳太子の曽祖父にあたる継体大王の墓といわれており、高槻市マスコットキャラクター「はにたん」も今城塚古墳で誕生しました。全長約181mの墳丘には水濠と空堀の二重濠がめぐり、水濠を囲む堤の外側には、「大王のハニワ祀り」の特別なステージ、埴輪祭祀場がつくられました。古墳公園では、家・盾・武人・巫女・力士・動物などの復元埴輪が、発掘でみつかったとおりに並べられ、古代の大王がおこなった儀礼の様子が再現されています。

●今城塚古代歴史館



2011年4月にオープンした古代体感ミュージアム。今城塚古墳から出土したいろいろな埴輪を展示しているほか、発掘調査で明らかになった古墳づくりの様々な工夫を、実大のジオラマ模型や映像も用いながら解説しています。勾玉作りにチャレンジできるワークショップも!はにたん観光情報コーナーにもぜひお立ち寄りを。はにたんグッズもありますよ。

今城塚古代歴史館主査
内田さん

「古代人のアクセサリー、勾玉づくりが体験できます。石を削ってつくるオリジナルの勾玉は、自分だけの宝物になります。たくさんのハニワが並ぶ「いましろ 大王の杜」で、高槻の歴史・文化を体感してください」

  
続きを読む





Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 11:50Comments(0)自然・ナチュラル