ブログを始める

最新ニュース

人を想う温かな気持ちを東北へ 石川武志さん

2013年03月05日


震災から2年経った今だからこそ
人を想う温かな気持ちを東北へ


【旬の人】石川武志さん
取材・文/山下満子


【プロフィール】
1977年生まれ・高槻市在住。大阪デザイナー専門学校の教員として指導を行うと同時に、イラストレーターとして幅広く活動。真剣な遊びとして納豆を開発する『710TVPROJECT』をはじめ、地元高槻市で、地域とアートを結ぶ活動も行っている。

3月6日~13日、「震災を想う」をテーマに高槻で展覧会が開催される。写真展やトークイベントのほか、雑貨販売や、東北の「食」を楽しむコーナーも。主催者はイラストレーターであり大阪デザイナー専門学校の教員でもある石川さん。
「震災から2年経った今、必要なのは被災地で暮らす人の心や毎日の生活を元気にする活動。売上金はもちろん現地のアート活動で役立てていきます」と、想いを語る。これまでも様々な支援活動を行ってきた石川さんだが、そもそもの始まりは震災前まで遡る。

納豆嫌いの友人の一言から2010年8月に始まった、新しい納豆づくりプロジェクト『710TV』。震災を機に、想いは変様する。「活動していた大阪福島区から、直線距離で710 km先にあるのが気仙沼。僕らが目指す〝納豆の旅〞を、復興につながるプロジェクトにしよう」と決意。’11年7月10日に完成した納豆の売上金を寄付し、同年12月には気仙沼市大島に赴き、子どもたちのイベント会場で配布。そこから生まれた「人の絆」は次第に広がり、現地の方の声や要望に応える形で自然発生的に活動の輪が広がっているそう。「遠くはなれた場所で自分たちを想う人がいるって、嬉しいことだと思いませんか?」と石川さん。心温かな会場に、ぜひ足を運んで欲しい。


高槻より震災を思う
■日 時:3/6(水)~13(水)
     11時~18時(会期中無休)
■場 所:アートデアート・ビュー
    (高槻市北園町13-30)
■入場料:無料 ※3/9(土)19時~トーク
    イベントは参加費1,000円(義援金・軽食代・定員30名)
■問合せ:アートデアート・ビュー
  TEL.072-685-0466 http://www.artdeart.jp/



この他、シティライフ3月号北摂EAST版の「We Love 北摂」のご紹介は、
こちらからご覧になれます。(PDF)

http://www2.citylife-new.com/backnumber/2013/03/E/E24.pdf



同じカテゴリー(ビジネス・まちづくり)の記事画像
Sweets&Womenフェスタ 開催
まちのゼミナール開催!【11/9~12/15・参加無料】
市政施行70周年に見る 高槻まつりの歴史と今
落語の魅力をもっと身近に! 五月家ちろりさん
発表の場が生徒のモチベーションに 活躍の舞台をぜひ応援して
観客と舞台が一体となる『侍かふぇ』
同じカテゴリー(ビジネス・まちづくり)の記事
 Sweets&Womenフェスタ 開催 (2014-03-05 09:00)
 まちのゼミナール開催!【11/9~12/15・参加無料】 (2013-11-05 17:36)
 市政施行70周年に見る 高槻まつりの歴史と今 (2013-07-26 09:45)
 落語の魅力をもっと身近に! 五月家ちろりさん (2013-06-10 12:02)
 発表の場が生徒のモチベーションに 活躍の舞台をぜひ応援して (2013-04-22 11:20)
 観客と舞台が一体となる『侍かふぇ』 (2013-02-26 14:03)




Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 11:08│Comments(0)ビジネス・まちづくり
この記事へのコメント