ブログを始める

最新ニュース

こどもの脳の発達特集 【正しい「脳育て」】

2013年09月30日




【正しい「脳育て」の順番を知れば、子どもは必ず伸びる】

子育てとは「脳育て」土台づくりをしっかりと



わが子にはすこやかに育って、才能を開花させてほしいと願うもの。そのために知っておきたいのが「脳のしくみ」。どうやら脳には育てる順番があるようです。小児科専門医の成田先生にお話を伺い、今月と来月に渡ってシリーズでお届けします。


この方にお話を伺いました
文教大学教育学部
特別支援教育専修
教授・小児科専門医

成田 奈緒子先生
1987年神戸大学医学部卒業
医学博士
日本小児科学会認定
小児科専門医



発達障害の教育・医学・福祉を広く包括した支援システムづくりと子どもの生活習慣を科学的に考える育児、教育への提言を行っている。小児期の様々な精神心理疾患の外来診療にも携わっている。
著書に「早起きリズムで脳を育てる」、「5歳までに決まる!才能をグングン引き出す脳の鍛え方育て方」等多数。

正三角形のようにバランスよく育てる

『脳の働き』ということからイメージしがちなのは、お勉強ができる、英語が話せる、といった『賢そう』なこと。「もちろんこれらも脳のお仕事です。でも実は、これは脳のお仕事の全部ではなくて一部です。『こころ』と『からだ』をきちんと整えることが、脳の大きなお仕事です」と成田先生。脳とこころとからだがちょうど正三角形になるようにお互いにバランスをとっている状態、これが理想の脳の姿だということをまず、よく知ってほしいと言う。「子育ては『脳育て』です。
【図1】のように『からだの脳』、『〔お利口さん〕脳』、『こころの脳』の3つがいつも正三角形を保ちながら次第に、少しずつ大きくなってくれると理想的な育ちになるのです」。



「古い脳」「新しい脳」という考え方

【図2】は、脳を左側からみた断面図。
脳の絵というと、私たちはシワシワの脳、つまり大脳を真っ先にイメージするが、シワシワの脳は外側を覆っているだけ。「実は外からは見えない真ん中の部分、例えばリンゴでいうと芯にあたる部分が脳の構造の中で、また子どもの脳育てを考える上では最も大切です。この芯の部分を、『古い脳(≒からだの脳)』と呼んでいます。

一方、外から見える部分、シワシワ脳の部分を『新しい脳(≒お利口さん脳)』と呼びます。大脳皮質を中心とした部位ですね。リンゴでいうと食べられる部分にあたります。新しい脳は、知能、情感、言語、微細運動、知覚などの働きをしています」。
また新しい脳にある『情感(≒こころの脳)』は、まわりの人や自分の置かれている状況などを考慮に入れて判断を行った上で起こるこころ(安心、喜び、好意、自制心)を指しているという。これにより人は社会の中でトラブルを起こすことなく暮らしていけるのだという。



睡眠で『古い脳』をしっかり育てること

脳を家づくりにたとえると解りやすい。『古い脳』は一階で、『新しい脳』は二階。そして古い脳と新しい脳をつなぐ階段の役割は『前頭葉』が果たしているという。前頭葉は『人間らしさの脳』ともいわれ、例えば計算や論理思考、短期記憶や空間認知などをつかさどる部分。

今流行りの脳トレもこの前頭葉(前頭前野)を鍛えることを目的としている。 「でもいきなり前頭葉から育てることはできません。とくに生まれたばかりの赤ちゃんは、前頭葉を含めた新しい脳はほとんど働いていません。家でも一階がしっかりしていないと、バランスを崩してしまいますよね?脳もそれと同じことが言えるのです」と成田先生。

子ども期に最も大切なのは、土台である『古い脳(からだの脳)』を育てることだという。

「『からだの脳』を育てるためには、朝は太陽と共に目覚め、夜は十分な睡眠時間を取って眠り、3食バランスよく食事を摂ること、筋肉を大きく動かして運動することが重要です」と成田先生。また、睡眠中は体細胞の修復や改善が行われていたり、23時〜2時ごろ、熟睡している脳内では成長ホルモンが分泌されて骨などが成長しているという。 世界中で用いられる標準的な小児科の教科書では、6〜8歳で一晩平均10時間30分、9〜11歳では平均9時間45分の睡眠時間が脳の発達に必要とされている。

また「からだの脳」は生命維持に欠かせない重要な脳なので可塑性(かそせい=作り変えられる能力)に富んでいるので、たとえお子さんが何歳であっても、この一階部分である『古い脳(からだの脳)』を育て直すことは可能だという。さっそく今日から始めてみてはいかが?

(次号につづく)

脳の役割をきちんと知って、脳を育てよう
近頃、不登校や引きこもりなどの問題を抱える子どもたちが増えているのも、
一階である『古い脳』がきちんと育っていない子が多いためだという。
社会全体が夜型生活になっているのも原因だという。



■取材協力
文教大学 教育学部
学校教育課程 特別支援教育専修

埼玉県越谷市南荻島3337

この他、シティライフ9月号阪神版の「グリマム!」のご紹介は、こちらからご覧になれます。(PDF)

http://www2.citylife-new.com/backnumber/2013/09/H/H02.pdf

同じカテゴリー(くらし・子育て)の記事画像
【高槻・茨木】集回で英語力を身につける
4月19日(土)妊活セミナー開催「妊娠力をアップするためには」
【イベント告知】親子で楽しめるイベント Baby's Play
ひごペット南千里店 - 【吹田市】岸部~千里丘周辺散歩
将来に影響する中学英語について 子どものために親が学べるセミナー開催
Sweets&Womenフェスタ 開催
同じカテゴリー(くらし・子育て)の記事
 【高槻・茨木】集回で英語力を身につける (2014-06-05 10:35)
 4月19日(土)妊活セミナー開催「妊娠力をアップするためには」 (2014-04-04 12:08)
 【イベント告知】親子で楽しめるイベント Baby's Play (2014-03-26 10:00)
 ひごペット南千里店 - 【吹田市】岸部~千里丘周辺散歩 (2014-03-24 21:04)
 将来に影響する中学英語について 子どものために親が学べるセミナー開催 (2014-03-08 09:00)
 Sweets&Womenフェスタ 開催 (2014-03-05 09:00)




Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 10:00│Comments(0)くらし・子育て
この記事へのコメント